スーツの多様性について

スーツはいろいろな場面で着用することができます。例えば、就職活動、弔辞、慶事、入学式などです。みなさんが来ているブラックスーツは日本が開発した物なので、実は海外では正装とは言えません。海外では、モーニングコートやタキシード、スワローテールコートが正装となりますね。

最近、就活生をよく見ます。みなさん、しっかりと着こなしていますね。パンツよりスカートの方が就職活動は良いそうです。スーツを着ると、童顔の顔の方も一気に大人っぽくなりますね。

ここで、就活生の正しい着方を紹介したいと思います。上着の肩幅はしっかりと合わせましょう。肩幅が合っていないとどんなに良い着方をしても見栄えは良くありません。次に背面です。

背面は、中心にスリットが入っているセンターベントか、左右にスリットが入っているサイドベントが主流です。袖丈は中のシャツが1㎝から2㎝見える程度が良いです。裾の長さは、座った時に裾が上がらないように考慮した、短くもなく長くもない物を選びます。ここで、少しポイントを紹介します。

ポケットですが、ポケットの蓋は中へ折り込んで見えなくするのが公式です。これからの時期、しっかり着こなして就職活動を頑張って欲しいですね。ただ、夏の暑い時期は辛い物です。中のシャツも汗だくになってしまいます。

電車時や出勤などの時は脱いでる方が多いですが、公式の時は着ないといけません。最近、夏用も売り出されているので、大助かりですね。これからもスーツの多様性は広がっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です