スーツのお手入れ方法

スーツは男性サラリーマンの方の職場における制服と言っても過言ではありません。デスクワークはもちろん長時間の運転などなど、一日中ハードに働いている方が多いはず。そのようにサラリーマンの方が常に動き回って頑張っているからこそ、スーツにしわができてしまったり、汚れたりするのです。それを放っておくとダメージが蓄積されていき、すぐに着ることができなくなってしまうような原因となるのです。

しかし、このダメージをできるだけ少なくし、一着一着をより長く着るのに効果的なメンテナンス方法があるのです。まず、一日着たスーツはできるだけ肩のしっかりしたハンガーにかけて形が崩れないようにして、一日しっかりと休ませるということが大切なのです。こういった簡単なケアだけで吸い取った湿気を発散させることができますから、生地を傷める要因にもなる湿気を取ることができるのです。つまり、毎日仕事で着ることのできるスーツは少なくとも二着は用意しておくことが必要となるのです。

また、ちょっとした汚れやホコリをそのままにしておくのではなくて着用後には綺麗にブラッシングすることも大事です。ブラッシングをしてホコリをしっかりとっておかないとプレスする際にシャキッと仕上がらず生地を傷める原因 にもなるからです。そして、外出先から帰って来たらすぐにポケットの中にある物を出す癖をつけることも大切です。いつまでもポケットの中に物がある状態にしておくと服の形が崩れてしまう可能性があるからです。

これらは誰でも簡単に行えるスーツのお手入れ方法なので覚えておいて損はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です