スーツの良し悪しで仕事は決まる

ビジネスの現場において、身だしなみや見た目はとても重要な要素となります。もちろん、仕事の中身が重要なことは言うまでもありませんが、仕事ができればいいという理由で、見た目を疎かにしている人には、なぜか大きな仕事は回ってこないものです。反対に、仕事ができると評判のビジネスマンは、必ずといっていいほど清潔感のある、きちんとした身だしなみを心がけているものです。なぜならば、ビジネスマンにとって、スーツはいわゆる戦闘服ともいうべき存在だからです。

優れた戦闘服を着ていなければ、自分の実力を十分に発揮できませんし、優れた成果をあげることもできません。これは、ビジネスの現場においても全く同様なのです。例えば、自分の取引先の企業の営業マンが、しわだらけの不潔なスーツで訪れた場合を想像してみましょう。このような営業マンに、重要な商談を任せようという気になる人は、一体どれほどいるでしょうか。

おそらく、大半の人は取引を中止するか、別の営業マンに担当者を変更するように依頼することでしょう。この場合、営業マンの業績の良し悪しは関係ありません。見た目だけで、大事な商談の成果が左右されてしまうのです。これほどまでに、仕事の場において、スーツの与える印象次第で、結果は大きく変わってしまいます。

ですから、仕事で大きな成果を得たいと考えている人ならば、ビジネススキルを磨くのはもちろんのこと、見た目にも決して手を抜いてはいけません。上質なスーツを身につけていれば、仕事の成功の確率も一層高まるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です