医療機関でのシミ治療も、種類によって方法が異なります。タイプがあることすら知らない人もいることでしょう。市販薬やサプリメントも販売していますが、自分は何のタイプ化を知らないままのケアは、効率的とは言えません。きちんと治していくのであれば、医療機関で専門の医師に診てもらい、適切な治療をしていくのがよいでしょう。

通常の老人性色素斑であれば、シミ取りレーザーを利用することもできます。紫外線を浴び続けたりすることで、ハッキリとしたうす茶色いシミが出てくるタイプには、マッチした治療方法です。青アザの、両側性太田母斑様色素斑も同様の方法が可能です。できる部位としては目のまわりです。

グレーがかっていて、淡青褐色をしたあざです。美容クリニックでは、Qスイッチルビーレーザーを用いた治療で、肌悩みにアタックしていきます。光のパワーを利用して、メラニンを効果的に破壊していきます。レーザー照射をしていきますが、光はメラニン色素だけに反応します。

ルビーレーザーというのは、メラニン色素に吸収されていきます。色素は破壊されていき、皮膚の朝いいゾーンにあるものは、しばらくすると自然に体外へと排出されていきます。皮膚のなか深い部分のものは、時間をかけて取り込まれて、そのうち分解されていきます。色素は破壊されて排出されたい、分解されていくので、だんだんシミのないキレイな肌へと変わっていきます。

時間をある程度必要としますが、自然にキレイになっていきます。