ファッションにおけるガーリーとフェミニンの違いとは

ファッションでは時より、曖昧な理解ですましてしまっていて、実はきちんと区別できていない言葉があります。その中でも女性に人気の高い「ガリー系ファッション」と「フェミニン系ファッション」は、ともに女性らしいスタイルという意味合いでは同じものですが、こまかく分類をすると、ガーリーは「女の子らしさ」を強調した服装でありフェミニンとは「女性らしさ」を強調したものです。ガーリーとは、英語の「girl(ガール)」をもじった言葉で、少女のような女の子らしく可憐でかわいらしいコーディネートを表します。色としてはピンクなどが多く使われる傾向が高く、フリルやリボン、レースを使用した服や花柄のワンピース、ペプラムといった、全体的にふんわりとした柔らかな印象をもたせる、女の子しか着れないような甘めのテイストの服装のことです。

年代もあまり関係なく着ることが出来、女の子らしさを押し出せるおしゃれの中では定番のスタイルです。それに対してフェミニンとは、その言葉の意味通り女性らしい姿を意識した、ガーリーと比べると大人びた印象のものをさします。キレイめで上品な落ち着きのある洗練された雰囲気の、まさに女性らしいコーディネートの服装のことです。ひらひらしたレースやフリルなどといった装飾の少ないシンプルなデザインのシャツやボトムス、ワンピースなどのアイテムを用いて、大人の女性らしさを引き出すファッションが多いのが特徴といえます。

肌の露出は控えめです。豊田市駅で洋服お直しのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です